Photo Atelier Roots -名古屋市西区中小田井・上小田井のフォトスタジオ-

Blog

Posts tagged 桜
2019年4月3日に桜撮影会をします

今年は4月3日(水)に桜撮影会を開催予定です。

入園・卒園・入学・卒業等・・。

新しいスタートの前に家族で写真はいかがですか?

ふた家族でひとつの枠をシェアしたり、ふた枠以上の予約、個人でのプロフィール用撮影もOK

また、ウエディングドレス等、身につけてきて頂ければ、ウエディングの撮影も可能です。


場所:庄内緑地公園

時間:9:30~17:30の間(30分間隔)

費用:10000円(税込)

撮影時間:20分


申し込み方法:フォトアトリエルーツのweb→contactよりご連絡ください。

撮影メニューにその他を選んで頂き、メッセージにて内容をお知らせください。

お子様のお名前(よみがな)も忘れずに記載お願いします


データお渡し方法:web経由でお渡しとなります。DVDでの郵送ご希望の際は+1000円かかります。


小雨決行です。

雨天の場合はアトリエ撮影に変更となります。

雨天キャンセルをご希望の場合は、メッセージ欄に記載ください。


こちらでスケジュールを組みまして、後日お時間をお知らせ致します。

時間の希望がある場合はお知らせください


Web,SNS,その他広告類で使用する可能性があります。

使用NGの方は申し込み時に必ずお知らせください。

桜の時期 結婚式の前撮り 庄内緑地公園

昨年の春の時期。

記録的に早かった桜の開花。

そんな中で、桜吹雪になる日の前撮り。

桜のピンクと緑が混ざってとても綺麗な1日でした。

今年の名古屋の桜は、今のところ例年よりも少し早い予想みたい。

どんな景色を見せてくれるかな。

桜と菜の花の撮影

1歳になるよりもちょっと早く、1歳の記念撮影をしたね。

お名前に菜の花の菜がつくから、菜の花と桜で撮影したいとママからのリクエストだったのですが、いつもは咲いている桜と菜の花のスポットの菜の花があまり咲いていなくて、桜を撮ったあとに菜の花が咲いている公園まで戻って撮影をしました。

ママが沢山可愛いグッズを用意してくれて、可愛い記念になったね。

また来年、菜の花で大きくなった君に会えるかな?

 

庄内緑地公園 ロケーション 幼稚園の入学記念に

桜の時期、幼稚園の入学記念で撮影に来てくれました。

1歳の時に撮影させてもらっているから、今回で2回目の撮影だね。

弟くんも家族に仲間入りしていて、4人家族での撮影でした。

満開の桜と菜の花と青い空が、入園をお祝いしてくれているようだったね。

庄内緑地公園 ロケーション 1歳の記念に

1歳のお誕生日写真を撮りに、岡崎市からお越しいただきました。

(オーナーの私は岡崎出身なので勝手に親近感)

桜、菜の花が満開で、青空も出てとってもいい記念の1日になったね。

シャボン玉や菜の花、桜の木、はじめてのことが沢山あって、きょとんとしてしまうときもあったけど、それも思い出だね。

笑顔の可愛いDくんでした。

庄内緑地公園 ロケーション 小学校の入学祝いに

桜の開花が早かった春のころの話。

庄内緑地公園で桜と一緒にランドセルと一緒に記念写真を撮らせてもらいました。

普通のランドセルではなくて、あまり見かけないかっこいいランドセル。

このかっこいいランドセル、とっても気に入っているみたいで、たくさんいい表情をしてくれました。

すこし改造すると大人になっても使えるランドセル。

ちょっと羨ましいね。

そんなランドセルと共に、たくさんの思い出を作ってね。

写真を撮られること。写真を撮ること。そんな意味。

私は写真を撮ることが好きです。

シャッターを押したときの感覚・・・。

いい写真が撮れた!と思った時・・・。

自分が撮った写真で喜んで貰えたとき・・・。

基本的に人見知りで、写真・カメラがなかったら内向的な性格です。

そんな私ですが、写真があることで、他人とコミニュケーションが上手に取れ、自分の存在意義が味わえるこの仕事が好きなのだと思います。

そんな私ですが、写真を撮られるということは実は苦手です。

写真を撮られたくないから撮る側に回ったということもあります。

でも、写真を撮ろう(この場合は撮られる側)と思う時は、覚悟というところまではいかないまでも、心の準備が必要です。

そんな私の場合は、この写真を撮る意味や理由を考えてから撮影に望みます。

この写真がどんな意味があって、どんな風に残るのか。残したいのか。今だけではなくて、未来のことを少し考えます。

写真に映るのが嫌いだからと、不機嫌な表情で映るのも、その人の性格が出るからある意味ありかもしれません。

必ず歯を見せて笑わないといけないとか、そういう決まりも無いです。

写真はずっと残っていくものだから、嬉しい時は嬉しい顔、優しい顔で残せる写真が撮れたら(撮られたら)いいのかなぁと。撮られる側だったらそんなことを思って撮られます。

もちろん、撮られるのが好きな人は、色々な表情ができるからそんなこと考えなくてもいいですが、この写真はどんな意味がある写真なのかな?とちょっと考えるだけでも、もっといい写真になるかもしれないですね。

20180407_0090.jpg